小さな赤子や若い女性の柔肌を指して「サーモンピンク」の奇麗な肌と称する事があります。

サーモンピンク (乾鮭色) はサケ(鮭)の身の色に由来する色、またはその色の顔料の事です。

見た目の色がそのままサーモンの身の色に似ているから付いた言葉だそうですが(ピンクは気まぐれらしいです)

このサーモン、元から赤みがかったピンク色かというと少し違うようです。

2014041828

続きはこちら