なんとスペースキーを1337回連打したら(何度でも)ログイン出来てしまったというもの。

この方法はさすがのMicrosoftも想定外だったようで、真剣に対応し現在ではしっかりと修正されているようです。

たしかに、Microsoftの3月のセキュリティ認容リストには、Kristoffer Wilhelm von Hasselと少年の名前が載っています。

そこに載っているプログラマーやハッカーは全てTwitterアカウントを持っているのに対し、年齢の都合上彼だけそれがないというのがさらにリアリティを引き上げていますね。

2014040723

しかしよくもまあ1000回以上も連打しましたね……彼にとってはスペースキーを連打する事の何かが面白かったのかもしれません。