2019070161



時任三郎、またもや古畑のような扱いをされる